東北楽天打線は中日の先発小笠原を攻め切れなかった。おととし夏の甲子園大会優勝投手の2年目左腕に5回2安打無得点と封じられ、梨田監督も「スピード表示以上に球が走っていたし、フルカウントから際どいコースを突かれた」と脱帽した。

 今季3度目の先発でプロ初勝利を目指す古川が四回まで無失点の好投を見せる中、先制機は二度あった。二回2死一、二塁で足立は力なく左飛。四回2死一、三塁では岡島が外角ぎりぎりの厳しいコースに直球を投げ込まれ、見逃し三振に倒れた。

 共にフルカウントまで粘りながらも、要所をうまく締められた格好だ。礒部打撃コーチは「外角を軸に攻めてきている。腰の高さの球をセンター方向に」と指示...    
<記事全文を読む>