1点リードの九回、東北楽天抑えの松井裕がピンチを背負いながらもしのいだ。勝利を逃せば則本の新記録達成に水を差すだけに、「何より勝ってよかった」とほっとした表情を浮かべた。

 先頭から左前打と四球で、無死一、二塁の窮地に陥った。だがバントを試みた長野のバットが空を切り、飛び出した二走重信を嶋がけん制送球してアウトに。この1死一塁から長野を空振り三振に切って取ると、最後は代打相川を右飛に仕留めた。

 18セーブ目を挙げた松井裕は「嶋さんに助けてもらった」と感謝し、新記録達成の則本に飛び付いて喜んだ。

...    
<記事全文を読む>