日本バレーボールリーグ機構(Vリーグ機構)は24日理事会を開き、経営が悪化した女子チャレンジリーグの仙台ベルフィーユについて、リーグの参加資格を審査した。機構は「理事会の決定を含め、現段階では何も話せない。チームにも関係者にも説明しておらず混乱を招く」として審査結果を公表しなかった。

 ベルフィーユは、理事会で資格が認められればVリーグのチームとして宮城で存続できる。資格なしと判断されれば機構の総会で除名となる可能性がある。

 チーム運営会社「トゥエルヴ」(仙台市)の米田隼人社長は「機構からは何も聞いていないのでコメントできない」と話している。

 同社は経営難のため、チーム存続は困難と判断。...    
<記事全文を読む>