バレーボールの世界クラブ女子選手権(神戸新聞社など後援)最終日は14日、神戸市須磨区のグリーンアリーナ神戸で行われ、決勝は欧州女王ワクフバンク・イスタンブール(トルコ)が南米覇者レクソナ(ブラジル)を3-0で下し、4大会ぶり2度目の優勝を果たした。プレミアリーグ勢による7、8位決定戦はNECが久光製薬(練習拠点・神戸市)に3-0で勝った。

 3位決定戦はボレロ・チューリヒ(スイス)がエジザジュバシュ・イスタンブール(トルコ)に3-2で競り勝った。

...    
<記事全文を読む>