バレーボールの全日本男女選抜大会第4日は5日、大阪市中央体育館で準々決勝が行われ、男子は全日本選手権、プレミアリーグとの3冠を目指す東レが豊田合成にストレート勝ちし、準決勝に進んだ。パナソニックはジェイテクト、JTはFC東京をそれぞれ3-1で退けた。堺はサントリーにフルセットで競り勝った。

 女子はデンソーが全日本選手権覇者の久光製薬に3―0で快勝。岡山はPFU、日立はトヨタ車体をともに3―1で下した。3連覇を狙ったJTは東レに1―3で敗れた。

 6日の準決勝は男子が東レ-パナソニック、堺―JT、女子はデンソー―東レ、日立―岡山の顔合わせとなった。

...    
<記事全文を読む>