バレーボールの全日本男女選抜大会は2日、大阪市中央体育館で開幕して1次リーグが行われ、女子は3年連続優勝に挑むJT(練習拠点・西宮市)がフォレストリーヴズ熊本に3-0で快勝した。プレミアリーグ覇者のNECが日体大を3-1、久光製薬(同・神戸市)は下北沢成徳高(東京)を3-0、東レは上尾メディックスを3-0でそれぞれ退けた。

 男子で全日本選手権、プレミアリーグとの3冠を狙う東レは長野トライデンツにストレート勝ちした。大会2連覇を目指すJTや、中大に快勝したパナソニックなども順当に白星発進した。

 男女各16チームがそれぞれ4組に分かれて1次リーグを実施。各組の上位2チームが準々決勝に進む。...    
<記事全文を読む>