スイミングスクールを展開するジェイエスエス(JSS=大阪市)は30日までに、JSS宝塚スイミングスクール(兵庫県宝塚市)を運営する宝塚スイミングスクール社(同市)を10月1日付で吸収合併すると発表した。

 JSS宝塚スイミングスクールは、水泳・飛び込みで五輪5大会出場の寺内健やリオデジャネイロ五輪代表の板橋美波らが拠点を置く。JSSによると、選手の練習環境や指導体制は変わらないという。

 宝塚スイミングスクール社はこれまでJSSに業務委託してきたが、吸収合併により、JSSの直営となる。経営陣の高齢化などを受けた措置で、飛び込みの名門として知られる同スクールの基盤をより強固にすることが目的と...    
<記事全文を読む>