大相撲の陸奥(みちのく)親方(元大関霧島)が足利市の和泉聡市長を表敬訪問した。陸奥部屋は毎年夏に市内の市有施設を利用して合宿しており、陸奥親方は弟子たちの様子や夏合宿での地元との交流ぶりなどを話題に、和泉市長と談笑した。

 同部屋は「名草(なぐさ)セミナーハウス」を拠点に夏合宿を張っており、今年で10年目を迎える。2010年からは、同部屋両毛後援会(永倉貢会長)などが協力して「名草ふるさと交流館」に整備した屋形付きの土俵で稽古している。陸奥親方は「地元の人が稽古の見学に来てくれて、とても力士たちの励みになっている」と話す。

 今年は8月11日から20日まで毎朝午前7時から稽古する予定。最終...    
<記事全文を読む>