土浦市出身の大相撲の関脇高安(27)=本名高安晃、田子ノ浦部屋=の大関昇進が正式決定する三十一日を前に、中学時代の恩師たちは「今までの努力が花開いた」「最初は逃げ帰っていたのに、まさか大関とは」と、教え子の成長に目を見張って喜んでいる。(宮本隆康) 「今と同じで、おとなしくて優しい性格。笑顔を見せると、教師からも生徒からも声を掛けられ、かわいがられていた」。高安が市立土浦一中で所属した野球部の顧問、大山義夫教諭(51)は振り返る。

 大山さんによると、入部当時から背が高く、太めの体形。プロ野球の巨人などで活躍したドミンゴ・マルティネス選手にちなみ「マルちゃん」が、あだ名だった。長打力があ...    
<記事全文を読む>