沼田市坊新田町の剣道場、尚修館武藤道場(武藤成孝館長)が開設四十周年を迎え、記念式典が同館で行われた。

 道場は、武藤館長の父の故俊章さんが一九七七年に開設した。剣道の指導だけでなく、地域の青少年の健全育成に努め、これまでに約二千人が稽古を積んだという。

 式典で武藤館長は「道場開設から今日に至る間、親身になって応援していただいた関係各位のご厚情に深く感謝します」とあいさつ。来賓や、地域の剣道関係者、同館で稽古に励む少年剣士ら約二百人が、道場四十年の歩みを祝った。

 高段者による演武の後、子どもたちへの指導稽古が行われた。激しい竹刀の打ち合いが展開され、気合のこもった声が道場の外まで響いた。...    
<記事全文を読む>