日本山岳・スポーツクライミング協会は29日、スポーツクライミングの世界ユース選手権(8月下旬開幕、インスブルック=オーストリア)などに出場するユース日本代表を発表し、県勢は女子ユースB(2002、03年生まれ)に1月のボルダリング・ジャパンカップで最年少優勝を果たした15歳の伊藤ふたば(県協会、盛岡・松園中3年)、男子ユースA(00、01年生まれ)に4月のリード日本ユース選手権で準優勝した中島大智(県協会、盛岡南高2年)の2人が選ばれた。

 世界ユース選手権のほか、アジアユース選手権(7月上旬、シンガポール)にも出場する見込み。

 男子12人、女子8人が代表入りした。伊藤のほか、女子ユース...    
<記事全文を読む>