藤枝市は2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて事前合宿誘致を進める中、29日から誘致対象国・イタリアのロゴ入りポロシャツを着て仕事を行う取り組みを始めた。

 合宿誘致へ機運を高めるのが目的。スポーツ振興課とサッカーのまち推進課の職員を中心に約30人が自費で購入した。市のクールビズ期間中(9月29日まで)は基本的に毎週金曜日に着るほか、イタリア関係者が来訪した際も着用するという。

 市はイタリアをホストタウン対象国として国に登録し、既にイタリア柔道チームの事前合宿実施で合意した。サッカーとライフル射撃の競技でも事前合宿誘致に取り組んでいる。市スポーツ振興課の担当者は「気持ちを新たに、誘...    
<記事全文を読む>