第十七回全国障害者スポーツ大会の車いすバスケットボール競技出場を懸けた北信越・東海ブロック予選大会(中日新聞社、中日新聞社会事業団など後援)が二十七、二十八の両日、福井市福町の県営体育館であった。福井県など九県・市がトーナメント戦で激しい攻防を見せた。

 福井県は二十七日の初戦で岐阜県に43-70で敗れた。二十八日には二回戦敗退の三重県と対戦。U-23日本代表であるゲームキャプテンの古崎倫太朗選手(16)=福井工大福井高校一年=らが次々にシュートを決め、前半を22-30で折り返したものの、後半に点差を広げられ、53-71で勝利を逃した。

 福井県の選手は中学三年生から六十代までと世代が幅広...    
<記事全文を読む>