徳島市出身のプロサーファー川合美乃里さん(15)=明聖高1年=が、日本プロサーフィン連盟(JPSA)の女子ショートボード部門で、2016年度の年間王者(グランドチャンピオン)に輝いた。これまで17歳だった最年少記録も更新。正式種目に採用される4年後の東京五輪を視野にさらなる飛躍を誓っている。

 年間王者は4~10月に国内外で開かれるツアー全8戦中、上位7戦のポイント合計で決まる。川合さんは9月上旬の第5戦(茨城)で優勝、6月の第2戦(静岡)と9月中旬の第6戦(神奈川)で準優勝するなどし、初の栄冠を勝ち取った。

 波の上端からボードを高く突き上げる「ストレートアップ」と呼ばれる技が代名詞。高...    
<記事全文を読む>