来秋の福井しあわせ元気国体のプレ大会「第58回都道府県対抗なぎなた大会」は27、28日、福井県鯖江市総合体育館で開かれ、渡辺明美、啓乃親子で臨んだ福井県が演技競技で準優勝した。同大会での県勢過去最高成績(16強)を更新した。

 演技競技は2人1組の演技者が、決められた3種類の型で打突などの技を演じ、相手の組と優劣を競う。打突の正確さや気迫、姿勢などが判定基準で、5人の審判が上げた旗の数で審査する。

 親子ペアで挑んだ福井県チームは、強い絆を武器に強豪を次々と撃破。「大勢の地元の方の温かい声援が心強かった」。喜びの第一声も、呼吸がぴったり合ったこの日の演技のようにそろっていた。

 地元鯖江での...    
<記事全文を読む>