トライアスロンの第31回潮来全国大会(茨城新聞社など後援)は28日、潮来市の常陸利根川周辺コース(51・5キロ=スイム1・5キロ、バイク40キロ、ラン10キロ)で行われ、一般男女の部などで444人が頂点を争った。男子総合は松丸真幸(新日鉄住金、フラワーズ)が1時間59分7秒で2年ぶり11度目の優勝。女子総合は北川麻利奈(MAESTRO)が2時間21分44秒で初優勝を飾った。男子総合2位は駒野悠太(キリンビール)、3位は大畑亮介(TEAM TRION)だった。女子総合2位は山口桃由(埼玉県)、3位には小林恵(庄内協会)が入った。

...    
<記事全文を読む>