わずか2秒余りの取組の中に「らしさ」が凝縮されていた。竜電は剣翔を寄り切り、優勝争いに絡んだ今場所を白星で締めくくった。「いい相撲だった」。支度部屋に戻ると、自身の取組に満足そうにうなずいた。

...    
<記事全文を読む>