◇大相撲夏場所<千秋楽> 14日目に6場所ぶり38度目の優勝を決めた白鵬は、日馬富士との横綱対決を寄り切りで制し、自身の持つ史上最多記録を更新する13度目の全勝優勝を果たした。日馬富士は11勝4敗。

 大関昇進が事実上決定した関脇高安は、大関照ノ富士に小手投げで敗れ、2連敗で11勝4敗だった。照ノ富士は12勝目を挙げた。大関豪栄道は関脇玉鷲に敗れて6敗目。玉鷲は10勝5敗とした。

 表彰式では優勝した白鵬、殊勲賞の御嶽海、敢闘賞の阿武咲、技能賞の高安、嘉風に中日新聞社(東京新聞、東京中日スポーツ)の大島宇一郎常務取締役東京本社代表から記念の盾と金一封が贈られた。名古屋場所は7月9日に愛知県体...    
<記事全文を読む>