2020年東京五輪で初採用されるサーフィンの五輪会場となる千葉県一宮町の釣ケ崎海岸で五輪会場に決まって以降初の国際大会として開かれた一宮千葉オープンは28日、決勝などが行われ、女子は日本サーフィン連盟強化指定選手で16歳の川合美乃里が優勝した。徳島県出身の川合は世界を転戦するシニアのプロツアーでは初勝利。日本人対決となった決勝で13・10点を挙げ、12・40点の黒川日菜子(20)を退けた。

 プロ最高峰のチャンピオンシップツアー(CT)の来季参戦権を争う予選シリーズ(QS)で、女子では2番目にランクが高く年間3戦行われる「QS3000」の第2戦。日本女子がQS3000の大会を制すのは史上...    
<記事全文を読む>