2年に1度行われる卓球の世界選手権個人戦は29日にドイツのデュッセルドルフで開幕し、男女のシングルスとダブルス、混合ダブルスの5種目で頂点を競う。シングルスの女子はアジア女王の平野美宇(エリートアカデミー)、男子はリオデジャネイロ五輪銅メダルの水谷隼(青森山田出、木下グループ)が表彰台を十分狙える位置にいる。

...    
<記事全文を読む>