大相撲夏場所14日目の27日、東小結の御嶽海(木曽郡上松町出身)は西前頭6枚目の勢を押し出しで破り、三役で2場所連続の勝ち越しを決めた。御嶽海は、千秋楽の28日は西前頭5枚目の正代と当たる。

...    
<記事全文を読む>