知的障害者にスポーツを通した交流の場を提供するNPO法人スペシャルオリンピックス(SO)日本・徳島が、6月で設立20周年を迎える。保護者やボランティアが多彩な競技の練習プログラムを用意し、参加する障害者アスリートは約120人と、初年度の約50人から2・4倍に増加。阿波踊りなどにも活動を広げ、知的障害者の社会参加に貢献している。

  現在参加しているのは6~51歳の特別支援学校生や会社員ら。バスケットボールやボウリング、自転車、水泳など8競技から好きな競技を選び、それぞれ月2~4回、徳島市の県立障がい者交流プラザや市立体育館などで練習に励む。

  運営を支えるのは保護者や約200人いるボラン...    
<記事全文を読む>