成田市の中台運動公園陸上競技場で28日、「成田ラグビーフェスティバル」が開かれる。慶応大と明治大の親善試合が行われるほか、タックルの代わりに腰につけたタグを奪う「タグラグビー」、ラグビーのトライ後などに得点を狙うゴールキックなどを体験できる「スポーツパーク」も設けられる。

 大学トップレベルの伝統校同士が対戦する慶明戦は、午後1時にキックオフ。市は2019年ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会のキャンプ地に立候補している。フェスティバルは、市ラグビー協会が誘致に向けての機運を高めようと始め4回目。午前9時から午後3時15分まで。入場無料で雨天決行。県内と東北地方の名物が味わえる「千葉・...    
<記事全文を読む>