大相撲夏場所(両国国技館)13日目の26日、新入幕の豊山(新潟市北区出身)は松鳳山に寄り倒しで敗れ、2勝11敗となった。

 横綱白鵬は関脇玉鷲を力強く寄り倒し、13連勝で単独トップを守った。14日目に2敗の照ノ富士に勝つか、2敗の関脇高安、横綱日馬富士がともに敗れると6場所ぶり38度目の優勝が決まる。高安は日馬富士をはたき込んで11勝目を挙げ、大関昇進が確実になった。

 照ノ富士は平幕栃煌山を小手投げで下した。大関豪栄道は宝富士を寄り切って勝ち越し、5度目のかど番を脱出した。

 十両は5敗で7人が並んでいる。

...    
<記事全文を読む>