大相撲夏場所13日目(26日・両国国技館)盛岡市出身で東十両4枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は西10枚目の天風に寄り切りで敗れ、5敗目を喫した。同じく4敗だった旭秀鵬も敗れ首位は5敗の7人が並んだ。

 錦木は左四つで胸が合った。天風の寄りに後退し、土俵際で逆転の右上手投げを狙ったが、先に土俵を割った。

 14日目は同じく5敗の東13枚目の誉富士と対戦する。

 相手の圧力に前へ出られず 錦木は3日ぶりの黒星。再入幕へ前進する9勝目はお預けとなり、混戦の優勝争いからも抜け出せなかった。

 頭からぶつかった天風を受け止めたが、208キロの相手の圧力に後退。土俵際で踏ん張り、何とか右上手を取...    
<記事全文を読む>