翁長雄志知事は26日午前の定例記者会見で、県出身で25年ぶりにボクシングの世界王者になった比嘉大吾=白井・具志堅スポーツジム、宮古工高出、浦添市出身=への県民栄誉賞授与について「資格は十分にある。(授与のタイミングは)県民や議会の皆さんが今だと言えば今だし、さらに偉大な選手になれる可能性もあるというのもある。資格は十分あることをベースに、議論の高まりの中から判断していきたい」と述べた。

 比嘉がWBCフライ級の世界王者になったことについて知事は「大変勇気づけられた」と喜びをみせた。

...    
<記事全文を読む>