大相撲の関脇高安(27)=本名高安晃、田子ノ浦部屋=が夏場所で十勝目を挙げ、大関昇進の目安とされる三場所で三十三勝に到達した二十五日、地元土浦市では、市役所のパブリックビューイング(PV)に集まった約五十人の市民らが歓喜の声を上げた。

 高安は、市立土浦小、土浦一中卒。中学時代は野球部に所属し、相撲好きの父親や中学の担任の勧めで、二〇〇五年に十五歳で入門した。一〇年には、平成生まれで初となる入幕を果たした。

 大関昇進の期待がかかった今場所、市は二日目の十五日から、市役所一階の市民ラウンジに大型スクリーンを設置。連日夕方に、市民らが集まり声援を送っている。

 市内の会社員、皆藤昌美さん(40...    
<記事全文を読む>