◇大相撲夏場所<12日目> 横綱白鵬は平幕栃煌山をはたき込み、ただ一人の全勝を守った。横綱日馬富士は貴ノ岩の休場による不戦勝で1敗を維持した。

 大関とりの関脇高安は宝富士に上手投げで勝って10勝目を挙げ、昇進の目安とされる直前3場所合計33勝に到達した。2敗は高安に加え、正代を送り出した大関照ノ富士、平幕宇良の3人。

 かど番の大関豪栄道は碧山を退けて7勝目を挙げ、関脇琴奨菊は小結御嶽海に寄り切られて負け越した。

      ◇ 動きは硬かった。胸のすくような相撲ではなかった。それでも高安は、今場所のどの白星よりも重い1勝をつかんだ。負け越して大関とりに失敗した昨年九州場所から半年。2度目の...    
<記事全文を読む>