日本ラグビー協会は24日、女子ワールドカップ(W杯)に出場する日本代表の強化遠征メンバー28人を発表した。佐賀県関係では、佐賀工高出身で日体大2年の堤ほの花が選出された。

 29日から6月13日までの日程で、アイルランド選抜と2試合、ウェールズ代表と1試合を戦う。W杯メンバーは7月のアジア選手権後に決まる。

...    
<記事全文を読む>