スポーツ用義足の体験会を、小牧市のアマチュアスポーツチーム「MITRISE(ミットライズ)」が同市大草の公園「市民四季の森」で毎月開いている。慣れていないと転ぶこともあるため、義足の製作者ら専門家も加わってアドバイスし、障害者スポーツの広がりを目指している。

 チームは、小牧市林の松本義肢製作所で義肢課長を務める義肢装具士の香川貴宏さん(42)が代表となり、二〇一四年に結成。岐阜県各務原市で義足を作る今仙技術研究所の職員ら十人も加わる。

 体験会は、義足メーカーから借りたスポーツ用を数種類用意。初めての人も不安なく体験できるよう、香川さんらが相談に乗っている。参加者はストレッチやランニング...    
<記事全文を読む>