2020年東京五輪・パラリンピックの運営費用を巡り、丸川珠代五輪相が競技場を設置する東京都以外の自治体にも一定の負担を求めることを明らかにしたことについて、上田清司埼玉県知事は24日、取材に「(都からの要請は)全くない」と述べた。

 上田知事は、東京都が都外の開催自治体の運営費の負担を総額で約400億円と試算したことについて「事務方にもトップレベルにも話はない。勝手に数字が出ているのは(仮設費用の負担問題に続き)またかと不愉快な思い。(試算したメンバーに)さいたまスーパーアリーナや埼玉スタジアムの関係者がいないのに精緻な計算ができるわけがない」と不快感を示した。

 その上で「大会を運営する...    
<記事全文を読む>