大相撲夏場所11日目(24日・両国国技館)盛岡市出身で東十両4枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は東9枚目の千代鳳を押し出しで下し、7勝4敗で首位に並んだ。錦木を含む4人が4敗で優勝争いをリードする。

 錦木は、千代鳳に左差しを許し、中に入られそうになった。しかし、両側から強烈に挟み付けるとすかさず前進し、力強く押し出した。

 12日目は同じく4敗で東12枚目の竜電と勝ち越しを懸けて対戦する。

...    
<記事全文を読む>