◇大相撲夏場所<11日目> 横綱日馬富士が小結御嶽海に寄り切られて初黒星。横綱白鵬はかど番の大関豪栄道を上手ひねりで退け、11戦全勝で単独首位に立った。豪栄道は5敗目。横綱稀勢の里は左上腕などの負傷で休場した。

 大関照ノ富士は碧山を上手投げで下し、2敗を堅持。大関とりに挑む関脇高安は栃煌山をはたき込み、9勝目を挙げた。関脇玉鷲は稀勢の里戦の不戦勝で勝ち越した。

 星の差はわずか一つ。なのに、大きな差を感じさせる。白鵬が全勝を守り、日馬富士が初黒星を喫した11日目を終え、賜杯争いについて八角理事長(元横綱北勝海)はこう話した。

 「白鵬がだいぶ有利。1差以上にあるね。気持ちの面でも余裕が出てく...    
<記事全文を読む>