大相撲夏場所11日目(24日、両国国技館)の郷土勢は、幕下の白鷹山(白鷹)が阿炎に突き倒された。大岩戸(鶴岡)は天鎧鵬を押し出しで破り、連勝を6に伸ばした。  序二段の最上錦(大蔵)は佐田の豪に寄り切られ、高倉山(米沢)は大翔城を寄り切りで下した。  序ノ口の前田(鶴岡)は藤川に上手出し投げで敗れ、3勝3敗。琴佐藤(尾花沢)は、すくい投げで田子丸を下し、番付にしこ名が載ってから初めての勝ち越しを決めた。ほかは取組がなかった。

...    
<記事全文を読む>