夏場所が佳境に入る終盤に、横綱稀勢の里が休場を決断した。痛めている左上腕付近の悪化が心配されるが、東京都江戸川区の田子ノ浦部屋で24日、取材に応じた師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)は「相撲は取れていた」と悪化は否定した。  休場は稀勢の里自身が田子ノ浦親方に申し出た。親方は「本人から今まで(休場を)言ってきたことはなかった」と明かし、「ただ(場所に)出るだけならいいだろうが、横綱としての責任もあるから」と苦渋の決断をおもんぱかった。  夏場所は場所前から稀勢の里の3連覇への期待で盛り上がっていた。責任感の強い横綱は患部にテーピングを施しながら強行出場。気持ちを奮い立たせながら戦う姿を...    
<記事全文を読む>