山口県体育協会は22日、県内のスポーツ振興に役立ててもらおうと同協会へ昨年度700万円を寄付した県ゴルフ協会(千葉泰久会長)に感謝状を贈った。山口市湯田温泉のセントコア山口で贈呈式があり、県体協会長の村岡嗣政知事が千葉会長に感謝状を手渡した。村岡知事は「いただいた寄付金を競技力向上やスポーツ振興に生かしたい」と謝意を伝え、千葉会長は「スポーツは人をつくる。体を動かすことに打ち込む子どもを育ててほしい」と語った。県ゴルフ協会は1983年度から毎年、県体育協会に寄付しており、寄付額は昨年度までの累計で4億7900万円に上る。県内25カ所のゴルフ場で利用者がプレーする際に支払うスポーツ振興基金...    
<記事全文を読む>