ラグビーの全国大学選手権を8連覇中の帝京大・岩出雅之監督が講演のため、来県した。「脱体育会系」を掲げ、毎年選手が入れ替わる学生スポーツで長期間にわたり、安定した成績を残してきた。チームづくりの秘訣(ひけつ)や日本で開催される2019年ワールドカップ(W杯)への思いなどを聞いた。〈聞き手・土屋圭佑〉-チームづくりで大切にしていることは。

 「選手が考え、主体的に行動することが第一。そのために4年生が『神』の体育会系からの脱却を図ることから始めた。帝京大では食事の準備や清掃は上級生の仕事。上級生は下級生を思いやることでたくましくなり、サポートを受けた下級生は自分の能力を伸ばすことに集中できる...    
<記事全文を読む>