2020年東京五輪で、高岡市がレスリング競技のポーランド代表チームの事前合宿地に内定したことが23日、関係者への取材で分かった。米谷和也市教育長らが今月10日にポーランドを訪れ、現地レスリング協会とオリンピック委員会幹部と懇談し、快諾を得た。7月に現地で開催される国際大会に日本選手団長として高橋正樹市長が参加。事前合宿に関する協定を結ぶ。県内各市が合宿誘致を進めており、高岡市が第1号となる。

 高橋市長は7月7日(現地時間)に開幕するポーランド国際大会の際に、現地のレスリング協会とオリンピック委員会との間で協定を結ぶ。首都ワルシャワの市長らとも面会する方向で調整している。

 高岡市は五輪を...    
<記事全文を読む>