大相撲夏場所10日目は23日、東京・両国国技館であり、東十両7枚目の朝乃山関(23)=富山市呉羽町出身、高砂部屋=は、西十両3枚目の旭大星(きょくたいせい)関(友綱部屋)を寄り切り、星を5勝5敗の五分に戻した。

  朝乃山関は左にずれて立った相手に右を差し込み、左上手を引いて攻める万全の相撲。連敗を2で止め「右を差し、体を生かして前に出るのが自分の相撲」と納得の表情だった。

 今場所は一進一退の状況が続く。「研究されていて、勝ったり負けたり。精神的にきつい」とプロの壁を実感している。

 勝負の終盤戦へ向け、自らが得意とする形で勝てたのは大きい。先場所は11日目から5連勝した好データもある。2...    
<記事全文を読む>