ヤマハ発動機は22日、二輪車ロードレースの世界選手権で通算500勝を達成したと発表した。初優勝した1963年以来、約半世紀での快挙達成となった。

 通算500勝目を挙げたのは、同社ファクトリーレーシングチーム「モビスター・ヤマハ・モトGP」のマーベリック・ビニャーレスで、21日にフランスで開かれた世界最高峰のモトGP世界選手権のフランスGPで優勝した。

 同社は61年に初めて世界選手権に参戦、63年に伊藤史朗がベルギーGP250CCクラスで初優勝した。以来、125CCクラスから1000CCのモトGPクラスまで各カテゴリーで優勝を積み重ね、国際機関の国際モーターサイクリズム連盟が通算500勝...    
<記事全文を読む>