■富山で後援会発足 来年2月の平昌(ピョンチャン)冬季五輪を目指すスノーボードハーフパイプ(HP)女子の大江光(ひかる)(21)=バートン、龍谷富山高出=の地元後援会が22日、発足した。同日、富山市の富山電気ビルで発足式があり、大江は「平昌五輪へ必ず出場します」と力強く宣言した。

 大江は2012年に若手の世界一を決めるユース五輪で優勝。14年のソチ五輪出場は逃したものの、翌年のW杯で2位、今年3月の世界選手権で日本人2番目の4位に入った。ダイナミックな演技が持ち味で、平昌五輪出場に期待が懸かるホープだ。

 後援会は県内の経済、スポーツ関係者らでつくる。この日の初総会で、平昌五輪はもちろん、...    
<記事全文を読む>