下関市内を自転車で駆け抜けるサイクリングイベント「ツール・ド・しものせき2017」が21日、同市冨任の下関北運動公園を発着点に開かれた。市や下関旅館ホテル協同組合などでつくる実行委員会の主催で11回目。今年は過去最高となる1563人が参加した。

 旧豊浦郡4町すべてを回る約130キロのロングコースに1276人、同市菊川町で折り返す約45キロのショートコースに287人が参加。青い海や新緑の山々などの景色を楽しみながら自転車を走らせた。

 コース途中の6カ所には「エイドポイント」が置かれ、地元特産の菓子や「ジビエウインナー」などの補給食が振る舞われたほか、コース後半に設置された「応援ポイント」...    
<記事全文を読む>