福島県会津美里、下郷両町を結ぶ氷玉峠を舞台に21日繰り広げられた「第14回時空の路ヒルクライムin会津」は、約800人の選手が熱戦を展開した。

 男子はロードレーサーの部チャンピオンクラスの三沢優樹(17)=郡山市、郡山商高=が初の総合優勝、女子は盛永母映(27)=新潟市、F(t)麒麟山Racing=が連覇した。

 男子の県勢2位は斉藤雅仁(22)=南相馬市、郡山サイクルフレンズ、女子の県勢1位は鈴木まさみ(41)=福島市、サイクルショップ ヨシダ=が輝いた。◆「1秒差」激戦制す  残り300メートルからの勝負が優勝を決める1秒のタイム差を生んだ。「耐えて耐えて最後のスプリント勝負に懸けた...    
<記事全文を読む>