世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ(20日、東京・有明コロシアム)で日本人初のプロデビュー以来13連続KOで世界王座をつかみとった比嘉大吾選手(浦添市出身、宮古工業高出、白井・具志堅スポーツ)が、一夜明けた21日に会見に臨んだ。誇らしげにチャンピオンベルトを携えた比嘉選手は「このベルトが一番好き。気持ちを切らさずに戦ってきた結果」と改めて喜びをかみしめた。怒濤(どとう)のKOラッシュで県勢9人目となる世界王者となった比嘉選手は疲労の色をみせる事なく、「昨日は興奮して1時間も寝られなかった。(SNSの通知で)スマートフォンが鳴りっぱなしだった」とうれしそうに語った。目標...    
<記事全文を読む>