◇大相撲夏場所<8日目> 横綱白鵬が関脇琴奨菊を右上手出し投げで退け、横綱日馬富士は平幕千代翔馬を押し出し、ともに初日からの8連勝で勝ち越してトップを守った。

 左上腕付近に負傷を抱える横綱稀勢の里は碧山を寄り切り、4連勝で6勝目を挙げた。大関昇進を狙う関脇高安は嘉風をはたき込み、ただ一人の1敗を維持した。かど番の大関豪栄道は遠藤に寄り切られ、3敗目を喫した。大関照ノ富士は小結御嶽海をきめ出し、6勝2敗とした。

   ◇ 稀勢の里が幕内で2番目に重い195キロの碧山との胸を合わせた力勝負を制した。立ち合い、右で張って得意の左四つに持ち込む。一度は切れた右上手を再び引くと、力強く前へ出た。土俵...    
<記事全文を読む>