世界選手権(10月・モントリオール)代表選考会を兼ねたNHK杯最終日は21日、東京体育館で男子個人総合が行われ、内村航平(リンガーハット)が合計172・900点をマークして9連覇し、国内外の大会での個人総合で2008年11月の全日本選手権からの連勝記録を40に伸ばした。0・350点差で2位に入った白井健三(日体大)とともに代表に決まった。

 4月の全日本決勝と合計した得点で争われ、内村は5種目終了時で白井に0・500点のリードを許したが、最終種目の鉄棒で全選手トップの14・800点を出してひっくり返した。田中佑典(コナミスポーツ)が3位だった。

 男子代表は最大6人。残りは全日本種目別選手...    
<記事全文を読む>