大相撲夏場所7日目は20日、東京・両国国技館で行った。東小結の御嶽海(本名・大道久司、木曽郡上松町出身、出羽海部屋)は、東横綱の稀勢の里(茨城県出身、田子ノ浦部屋)に挑戦。寄り切りで敗れ、4連敗となって3勝4敗。今場所初めて黒星が先行した。

 稀勢の里に5戦5敗。

 御嶽海は中日8日目の21日、東大関の照ノ富士(モンゴル出身、伊勢ケ浜部屋)と対戦する。

...    
<記事全文を読む>