大相撲夏場所7日目(20日・両国国技館)盛岡市出身で東十両4枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は東筆頭の佐田の海を上手投げで破り2連勝、今場所初めて白星を先行させた。

 錦木は出足よく前進したが、佐田の海にもろ差しを許して攻め切れない。両上手を取り、上体が起きたところを佐田の海に寄られたが、右から振ると相手の右足が土俵から出た。

 8日目は東7枚目の朝乃山と対戦する。

...    
<記事全文を読む>