「チャンピオンになるぞ」。試合開始のゴングが鳴る直前の青コーナー、会長の具志堅用高さん(61)は一言だけ声を掛け、比嘉大吾選手(21)をリングに送り出した。6回2分58秒、王者となってコーナーに戻ってきたまな弟子を「ありがとう」と言って抱き締めた。白井・具志堅スポーツジム開設から22年、初めての正規の世界王者誕生。歓喜に沸くリング上で、具志堅さんは輪から少し外れて目頭を押さえた。「今、島(沖縄)が揺れているはずね」。感無量の表情で故郷に思いをはせた。(社会部・磯野直)新チャンピオンになった比嘉大吾(右)を涙で迎える具志堅用高会長=20日、有明コロシアム「沖縄が揺れているはずね」 現役時...    
<記事全文を読む>