世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ12回戦は20日夜、東京の有明コロシアムで行い、同級1位の比嘉大吾(21)=白井・具志堅スポーツジム、宮古工高出、浦添市出身=が、前日の計量で制限体重を超過して王位を剥奪された「前王者」のフアン・エルナンデス(30)=メキシコ=を6回2分58秒で倒し、TKOで新王者となった。勝負を決めた6回には計4度、エルナンデスからダウンを奪い、得意の左フックをボディーに決め、リングに沈めた。県出身の正規王者としては平仲信明氏(53)以来25年ぶり、暫定王者だった江藤光喜(29)=現役=を合わせると9人目の世界チャンピオン誕生となった。チャンピオン...    
<記事全文を読む>